カードローン審査は仕事を辞める前にやらなければならない

カードローン審査は仕事を辞める前にやらなければならない

仕事をやめようと考えている方必見ですっ!

失業中

 

仕事を辞める前にカードローンの申し込みをしておきましょうっ!

 

カードローン審査を仕事を辞める前にやらなければならない理由は1つ、審査の際に在籍確認が必要だからです
無職、失業中にお金を貸し出ししている金融業者は闇金くらいしかありませんし、現在の日本(2019)で闇金業者を見付けるのは至難の業です。
なので会社に在籍している間に少額の10万円程度でも借入をしておくのがおすすめです。
増額が必要になっても一度審査に通っているので増額審査は、在籍確認なしで簡単に増額することができます。

 

 

在籍確認とはどんなものか?

 

借入をする金融機関から職場に電話があり

『○○の○○ですけど』
『○○さんは今いらっしゃいますか?』
と電話をかけてきます、もちろん最初の○○は金融会社名ではないので安心してください。


この電話、一般の社会人なら、金融機関と感ずく人もいます。
なんか恥ずかしく会社の人にお金に困っていると思われたくなくて、在籍確認をされることに躊躇してしまう方もいると思いますが、

 

こういうケースでも在籍確認がありますので、
おすすめしたい恥ずかしさを隠すための言い訳を紹介します
【クレジットカードの審査を受けた】と言う
多くの人が持っているクレジットカードの審査の際にも在籍確認はあります。
すでにクレジットカードを持っている方は、在籍中に使用しているクレジットカードにキャッシング枠もつけておきましょう!

 

 

あらためて、仕事を辞める前にカードローンの申し込みをしておきましょうっ!

 

お金に困るのは失業中ですっ!
すぐに次の仕事が見つかると思い込んでいる人は特に要注意ですっ!
未来に確定的なことはありませんっ

 

 

失業保険でやり過ごせると考えている方は要注意ですっ!

 

失業保険は、ハローワークに離職票を出してから3カ月間後に支給されます、
これがとても厄介ですっ!よくある厄介パターンとして

 

パターン1
■辞めた会社から離職票が届かない
非常に多いケースです、すでに辞めた人の手続きなので後回しにされがちな作業です。

 

パターン2
■会社は辞めたが、有給消化をしている間は離職票の発行をしてもらえない
有給消化中は会社に在籍してしているが、金融機関から在籍確認の電話があった際には、○○さんは退職されましたと言われる可能性大なので金融機関から借り入れもできないっ!

 

パターン3
■離職票をハローワークに提出してから1週間は、絶対にどのような仕事もしてはならない(派遣会社に登録するのもダメです、どこにも属してはいけません)
この決まりが結構厄介です。これをやぶると失業保険がもらえなくなります。1日バイトであってもこの1週間は絶対に仕事をしてはいけませんっ!

 

以上の3ケースが重なる確率は大です!

 

 

失業保険が支給されるまでの実際の流れ!

 

よくある流れ:12月30日に仕事を辞める場合(有給10日保有)

 

1:有給消化が10日あるので実際には、1月10に退職になります。

 

2:1月10日には離職票が届かない、(当然です)早くても、3日後と思ってください。
 3日待ったけど届かずに会社に連絡をする、ようやく離職票を作り始めるので、離職票が届くのが1月20日頃になります。

 

3:1月20日に離職票の提出をハローワークにする。(1週間は仕事をしてはダメな期間です)
無事に離職票を提出してから、3カ月間後に失業保険が支給されます。

 

 

実際に失業保険が支給されるまでに4カ月は必要

 

実際によくあるパターンとして、4か月後にようやく失業保険が支給され始めます。
この4か月間を余裕で耐えるだけの貯金がある人はかまいませんが
最初の1か月間は、ほぼ確実に仕事ができない状態が続くので

 

金銭的に少しでも厳しいと感じている方は、在籍中に銀行カードローンや消費者金融、クレジットカードにショッピング枠をつけておくなどの対策をしておきましょう!

 

 

即日でも借りれるカードローン

↑   ↑   ↑

大手金融機関をたくさん紹介しているHPです

 

くらべる君なら約40社まとめて審査できる

くらべる君
アコム、アイフル、プロミス、モビット、りそな銀行、みずほ銀行などなど、約40社の金融機関に一括で申し込みができます。