失業中でお金がない人のページです

失業中でお金がない人のページです

【もくじ】

1:失業保険をもらうまでの間でお金がない人へ
2:失業保険をもらいはじめていてお金がない人へ
3:失業保険がない人へ
4:お金がなくて緊急で助けが必要な方へ

 

フリーキャッシング 借り方

 

1:失業保険をもらうまでの間でお金がない人へ

 

失業中してから0カ月〜3カ月程度経っている人のお金の借り方
少し難しい説明になるので、ゆっくり1つづつ理解しながら読んでください。

 

■すぐにお金の借入れがしたい方へ

失業保険が支給されるまでには4カ月程度待たなくてはなりませんが、この4か月間を待てない人は就職しましょう!
(:給付まで3カ月ではなく4カ月については省略)

 

 

重要:
『離職票が受理されてから就職しましょうっ!就職後は3日で辞めてもOKです!』

 

:離職票が受理されるまでには1カ月程度かかります(内容省略)が、その後に就職すれば、就職祝い金として60%〜70%のお金がもらえます。

例:給料を毎月18万円程度もらっていた人ならば、
給料の6割の12万円分が3カ月間もらえるので、トータル36万円の失業保険がもらえます。
このトータル36万円の60%〜70%が就職祝い金として支給されますので、すぐに24万円程度のお金をハローワークから受け取れます!

 

:さらに、就職後は3日で辞めてもOKです!についてですが、実際に就職していますのでこの間に、カードローン会社で審査を受けましょう!
なるべく急いでくださいと言えば、1日から2日で在籍確認をしてもらえます。在籍確認後はすぐに当日中に審査結果の電話がかかってきますのでもう借り入れ目前です。
もう会社を辞めても大丈夫です。

 

  ・少額の10万円から30万円程度の借入れならば、何年働いているかなどの質問はありません、会社に在籍しているか、していないかの確認だけです
  ・在籍確認が恥ずかしい人へ、多くの人が持っているクレジットカードの発行でも在籍確認はありますのでクレジットカードを作ったと言えば問題ないです。金融機関は会社名を名乗りません。

 

デメリット
一時的にお金を手にすることはできますが、失業保険が3割ほど目減りしてしまいます。

 

メリット
もともと半年間もハローワークに通いながら36万円では生活が苦しいから、働く予定だったという人にはおすすめです。
新しい仕事を3日程度で辞めてもいいですし、つづければ続けるだけ少しでも安定した生活が遅れます。

 

 

 

1:失業保険をもらいはじめていてお金がない人へ

 

■上で紹介している。1:失業保険をもらうまでの間でお金がない人へのパターンでお金の借入れができます。もちろん失業保険の残り3割は目減りします。

 

■不動産を持っているなら、不動産担保ローンで借り入れをする。
相談はこちらから→不動産担保ローン資料請求

 

■市役所(社会福祉協議会)からお金を借りる。
相談はこちらから→市役所からお金を借りる方法

 

 

 

 

3:失業保険がない人へ

 

■アルバイトでも就職でもなんでもいいから3日程度、在籍しようっ!
在籍確認さえできれば少額の10万円から30万円程度の借入れならカードローン会社はすぐに貸し出しをしてくれます。少額の場合勤続年数などは聞かれません。
どうしても働くのが嫌な人はでも1日は働いて次の日からは病欠で休みましょう、休んでいても在籍確認はできるので問題ないです。
在籍確認は、カードローンに申し込み後、当日または翌日には行われます。
在籍確認後は、当日または翌日には審査結果の連絡をしてもらえます。

 

 

 

4:お金がなくて緊急で助けが必要な方へ

 

■闇金しかありません
現在(2019)闇金はほとんどないと言われています。探すのはとても困難です。
まったくお金がない状態の、再就職を探している人、求職中の人、転職後のお金がで困っている人、どうしても助けてが必要な人へ

 

参考→07.xmbs.jp/moneykariruで検索してください。はじめはhttp://です。https://では検索できません。

くらべる君なら約40社まとめて審査できる

くらべる君
アコム、アイフル、プロミス、モビット、りそな銀行、みずほ銀行などなど、約40社の金融機関に一括で申し込みができます。